HOME | ABOUTUS

- 家づくり工房とは -

家づくり工房は株式会社カネカの建築部としてスタートいたしました。
 
カネカは明治期に個人事業主として1500町歩植林(現在の金山杉)した川崎俊治が大正初期に株式会社川崎俊治商店を創立したのが企業としてのはじまりです。
 
非常に高価な「木の家に見える住まい」があふれる昨今ですが、家づくり工房は「本物の木の住まい」を開設以来追及してまいりました。
 
銘木「金山杉」をどこの市場も経由せず自社山林からまっすぐ施主の元に届けることでどこよりも身近な価格と一生を預けられる住み心地を実現いたします。
  
「本物」に囲まれて生きることは贅沢なことや特別なことではなく、われわれ日本人が昔からつづけてきた本体あるべき自然な暮らしの姿であると考えます。
  
建築が年輪を重ねていく様を何代にもわたって楽しんでいける、『経年変化が美しい』と感じられる素敵な場所づくりをいっしょにしてみませんか。

- 金山杉とは - 

「厳冬」・「極寒」の金山での杉の成長は非常にゆっくりで、年輪は1年1年実に密に積み重ねられていくのが特徴です。
 
きれいな水と恵まれた土壌で百数十年の時を経て現在の杉山となりました。
 
必要な分だけ伐採し、またその場所に苗を植林し次世代にバトンを託します。
 
このサイクルを守るため家づくり工房では金山杉を構造化粧材として使用する際には90年以下の樹齢のモノは使用しないという決め事があります。
 
また、密な年輪による強度と美しさを兼ねそろえた材料になるには必要な年月だと考えているからです。
 
金山、そして金山杉を世界に発信してゆくには健全な山で成長した「本物」をお届けしていくことが不可欠であり、使命であると感じています。
 
建築ご希望の方は是非一度山へご同行いただき我々が情熱をもって育てた金山杉をご覧ください。
 
きっと心を動かされるものがあるかと思います!!

- 建築可能地域 - 

山形市、天童市、東根市を中心に山形県内全域で建築可能です。
 
隣県の宮城、秋田、福島にも素敵なお住まいを多数建築しております。
 
遠方ですと東京をはじめ関東圏内にも建築実績がございます。
 
フットワークの軽い建築集団ですので地域に関わらずお気軽にご相談ください。

株式会社カネカ
代表取締役 川崎俊一
 
山形県林業士
山形県指導林家
 
新庄青年会議所理事長、金山森林組合長を経て株式会社カネカ代表に就任。
レイドカムロの実行委員長をはじめ数々のイベントを主催。
NHK東北ふるさと賞受賞他、受賞多数。

 無類の車愛好家。

- 設計・デザインについて -

住宅、店舗、外構、家具の設計を行います。
 
・木をあらわす和・洋のぬくもりある空間
・荒廃的なインダストリアルな空気を感じられる空間
・無機質なスタイリッシュな空間
・etc
 
現代の空間に対するさまざまなニーズにこたえます。
設計作業の中で最も大切にしていることは空間を永く愛すために必要な要素を建主と共に掘り下げて探していくことです。
どんなご希望もまずはぶつけてみてください。
他愛もないセッションからご自身が本当に望んでいる空間 / ライフスタイルが見つかるものです。
感覚を共有し、いっしょに探していきましょう。

株式会社カネカ
常務取締役 川崎恭平
 
建築家
一級建築士 333973
 
1980年生まれ
2003年東海大学工学部建築学科を卒業。
吉祥寺の設計アトリエ、組織設計事務所を経て2010年より株式会社カネカにて設計監理、監修をスタート。